コモディティーの分類

コモディティーを分類すると、主に3つの分野に分けることができます。
①エネルギー
②金属
③農産物
さらに、上記各分野がより細分化されます。

たとえば、①エネルギー分野では、WTIなど原油やガソリン・ナフサなどの従来エネルギー資源・製品だけではなく、最近では再生可能エネルギー(Renewable Energy)としての太陽光発電や風力発電、また排出権取引なども広範囲に含まれることがあります。

次に、②金属分野は大きく分けて、貴金属(Precious Metal)とそれ以外の金属(non-Precious Metal)に分類できます。
貴金属とは金(Gold)・銀(Silver)・プラチナ(Platinam)で、それ以外の金属で取引されるのは鉄(Steel)のほか、非鉄金属(non-Ferrous Metal)で銅(copper)・アルミニウム(Aluminium)・ニッケル(Nickel)などが挙げられます。