コモディティ用語集

レアメタル

レアメタルとは

非鉄金属で流通量が少ないという意味で希少なもの。
経済産業省で指定しているもの…31種類
ニッケル・クロム・マンガン・コバルト・タングステン・モリブデン・バナジウム・ニオブ・タンタル・ゲルマニウム・ストロンチウム・アンチモン・白金族・イルメナイト・ルチル・ベリリウム・ジルコニウム・レニウム・リチウム・ホウ素・ガリウム・バリウム・セレン・テルル・ビスマス・インジウム・セジウム・ルビジウム・タリウム・ハフニウム・レアアース(希土類17元素)

レアメタルの用途例

・ハイブリッドカーの動力モーター(ネオジム)
・ハードディスクの磁性材(ネオジム)
・携帯電話の充電池(コバルト)
・自動車の排ガス浄化装置(プラチナ)

レアメタルでキーとなる国

・中国…レアアースの9割強、タングステンの9割を産出
・南アフリカ…プラチナの8割、クロムの4割を産出

レアメタルのトレード



レアメタルのうち、LMEに上場されているものはコバルト・モリブデンです。
LME銘柄は商社などを通してトレードすることができます(実際の現物の受け渡しが発生します)。
レアメタルをデイトレードなどに利用したい場合には、LME上場銘柄を対象としているCFDを利用すればよいのですが、現時点ではコバルト・モリブデン共に取引量が低いこともあってCFDトレード可能銘柄とはなっていないようです。
また、レアメタルそのものをトレードするのは難しいので、レアメタル関連株をトレードするという手法でレアメタルのリスク・リターンを取りに行くのが一般的なようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2011年2月9日 at 7:33 AM

Categories: コモディティ用語集, レアメタル   Tags: